最新ダイエットはタンパク質が関係してくる

例えば、加齢による歩行困難、
これって筋肉の老化や病気だと思われている方が多いでしょう。

 

実はそうじゃなくって、
脳の「あるタンパク質」が欠乏しているのが原因らしいのです。
そのことにより、歩行困難、あるいは記憶障害がおこりうるとのこと。

 

実際にマウス実験では
脳に直接タンパクを注入しているらしいのですが
驚くことに、すでに脳のどの場所に注入すればいいのかもわかっているようです。

 

タンパク質というのが体の中で
かなりいろんなことをしている、という事がわかっているんです。

 

ですので、

 

病気を治したいところにタンパク質を注入

 

細胞を呼び込み病気を治す

 

という流れが最新医療として導入される日も近いようです。

 

ダイエットに応用という視点から考えても十分期待できますね。

 

 


肥満遺伝子検査で最適なダイエット法がわかる